dannasm 050

Osamu Shigematsu age67

IMAGE:Osamu Shigematsu

Dannasm Details 015

新しい文化をいち早く皆さんに紹介する

ダンナズムにおいて大きなコンセプトとなっている ism(流儀)ですが、重松さんにとっての ism を教えていただけますでしょうか

「私自身が面白い、美しいと思ったことを皆に知ってもらいたい」これにつきます。多くの日本の方々に様々な国の文化を紹介したいという思いでこれまでビームス、ユナイテッドアローズ(以下、UA)で取り組んできました。当たり前のことですが、アジア・ヨーロッパ・欧米と人種が全く異なるわけですから、国々により文化が多種多様です。そこでの発見が面白いんですよ。
 今はどこにでもすぐに行ける時代ですが、以前はなかなか行けませんでした。他の方より早く先に見つけてマーケットに出す。それを使命としてやってきました。自分の目で見てきた美しさ、面白さを伝える。それを日本に持ち込んで店頭に並べ、お客様に知っていただき、気に入れば購入していただく。私は常に何か新しいことはないか視野を広げています。新しい文化と出会うことは衝撃を 受けますし楽しいですね。

ダンナズムでは「お洒落」もキーポイントの一つになっています。重松さんは 常に追求してきたと思いますが、お洒落について教えていただけますでしょうか

自分のスタイルをわかっていて、自分のスタイルを持っている人。 どんな洋服を着ていてもいいと思います。ただ、「似合っているか」「似合っていないか」を分別できないといけないと思います。その人自身に似合っていてそれ以上に見せている人がお洒落ではないでしょうか。洋服は人を変える力を持っていますし、それ以上に見せることが出来る投資効果があると考えます。好きな洋服を着て周りの方から褒められると嬉しいですよね。特にお子さんや奥さんに褒められると尚更です。自分のスタイルの洋服を着ていると自分が楽しくなりますし、人から褒められることで自信にもつながってきます。
 UAでは、お客様に合ったライフスタイルを提案し、より一層引き立たせることが仕事の一環です。双方の信頼と触れ合いが顧客満足度を高める醍醐味だと思っています。お客様に似合う洋服を見出し、スタイルを確立してお洒落を提供する。私たちはお客様をお手伝いすることを惜しみません。最高の輝きを作ることが私たちの使命です。

Dannasm のもう一つのキーワードである「ダンナ」ですが、どのような男性だと思われますか

「年齢を問わず、次世代の芽を育てる役割を持つ人」ですかね。 次の時代の価値を見つけて新しい場に伝えられる人が世に出てくるといいですね。
 ファッションの業界でいえば、次世代の流行を捉え良いものを選び・作り、それをメジャーな所で販売し、お客様に喜んでいただく。こういった流れを作っていくことが出来る人が私の思うダンナです。