Dannasm 014

Kazuo Sato age70

IMAGE:Kazuo Sato

Dannasm Details 005

反省が明日への挑戦

銀座は世界の芸術都市

銀座とファッションの結びつきを感じるところはありますか

銀座にはファッションチェックをしている方がいて、銀座らしいスタイルをしている方に声をかけている姿を見ます。わたしは以前から未来のファッションと銀座に対する姿勢を意識して洋服を選んでいたので、Dannasmカメラマンから声をかけられ「やっぱり銀座だな」と思いました(笑)。見ているところを見ていてくれて本当に嬉しかったです。浅草・上野ではほとんど見ない光景だと思います。
銀座は多様性がありますよね。品格のウエイトが高いです。ここには昔ながらの物語があります。モダンボーイ・モダンガール・みゆき族と続いてきました。そして、ここは世界の芸術都市だと思います。衣食住そのものが芸術なんですよね。世界の食べ物があって、日本を代表する歌舞伎もあります。
朝から夕方まで、それぞれの顔があるのでそこが楽しいところです。小学校6年生から今までここを見てきて建物は変わったが銀座のルールは変わっていないですね。

銀座のルールとは何ですか

品格・礼儀・常識が根付いているところです。だから由緒ある老舗が多いのだと思います。世界の人達がここに集まる理由は、「安心」「一流が揃っている」ところだと思うんです。ですから、有名ブランドがこぞって集まるのではないでしょうか。銀座は美しいだけではなく品格が整っている街なのです。

Dannasmの精神は「優しさ」

佐藤さんの中にあるDannasmを教えてください

わたしは40歳の頃から骨董品を集めています。特に絵と陶器が好きです。
購入すると嫁に「また買ったの?」と言われるので言われないよう作戦をたてます。わたしたちは結婚してから、一度も喧嘩をしたことがないんです。作戦というと大袈裟ですが、嫁の趣味に合いそうだなと思うものを先に選んで買います。その後、わたしが狙っているものを買います(笑)これを何回も繰り返していると、だんだんと好みが似てくるんですね。
ですから、自分で発見出来ないものを見つけてあげること。そして、相手に刺激を与えること。最終的に、うちの人が凄いと心で思ってくれればいいんですよ。Dannasmと言ってしまっていいのかわかりませんがDannasmの精神は「優しさ」だと思います。
先日、70歳になりました。古希ですね。古きを訪ね、新しい希望を作る。今回を機会に80歳までの10年間の目標をたてました。その中に、難しい目標もありますが、わたしはこう考えるんです。5%でも目標を達成する可能性があれば、それを70%、80%に持っていける希望を作ること。高い目標を立てて100%に近づく努力をすることが大事だと思います。
反省が明日への挑戦。反省なくては明日への出発はありません。

改めて日本の歴史を学んで欲しい

若い世代に向けてメッセージをお願いします

いくつかあります。日本人としての感性を活かしながら、古きを訪ね、新しきを見つける行動をして、常に新しいことに挑戦してもらいたいです。
これを絶対に実践してもらいたいのですが、前だけを見るのではなく左も右も見ること。視野を広げることで多様性が養われ、パイオニアが生まれてきます。それが、人生の大きな船出になります。もう一つは日本の歴史を学んで欲しいですね。先代が日本を作ってきたことをしっかりと振り返ってもらいたいと思います。歴史が全ての事に繋がっていますからね。アメリカの大統領が変わり、新しい政治が始まります。世間では、グローバルの社会と呼ばれていますが、日本の歴史を知ってこそ世界に発信できるのだと思います。