ism Special 004

ダンナ・仕事イズム

MIMA LADIES CLINIC
院長

美馬みま 博史ひろふみ

(Dannasm 024)

“仕事”は、人生において大半を占め、その人の生き様が現れる。
「誇り」「使命」「夢」「格闘」「完璧」と想いは千差万別。
名もなき男たちは、どのように仕事と向き合ってきたのだろうか。
俺の“流儀”からヒントをいただく。

少しかすれた声でゆっくりと考えながら話す姿が魅力的で、
軽く色がついたメガネの奥に見える目は優しさに溢れている。
「仕事は常に命がけで取り組むこと」と美馬氏はにこやかに言う。

絶対に現場に戻るという信念

絶対に現場に戻るという信念

東京・赤坂駅から徒歩1分のところに自然妊娠力を高めるクリニック「美馬レディースクリニック」がある。東京で開業するにあたり“赤坂”を選んだ理由は、以前からよく来ているので馴染みがあり、都心の中心部であるからだと美馬氏は語る。
「物件探しの時に、この立地と間取りを見て“ここしかない”と直感し、その場で契約しました。赤坂Bizタワーの目の前で人通りも多いですし、それに加え赤坂駅からすぐの場所にあります。後は、この場所は女性の比率も高いところも魅力の一つです」

昭和42年 関東医歯薬リーグ

周りの人からは、場所が都心すぎて一年ももたないだろうと言われていた。 「開業当初は、全くお客様が来ませんでしたね(笑)。でも、スタッフといいお客様たちに支えられなんとか持ち堪えました。わたしは、いままでの経験があるので、ここで開業しても絶対に通用するという自信がありましたね。気づけば開業して4年になります。時間が経つのは早いです」と凛々しく話す。

充実感は仕事で得る

充実感は仕事で得る

美馬氏は、北海道の高校を卒業し、東京慈恵会医科大学・医学部に入学するために東京に上京した。卒業後、同大学付属病院産婦人科で勤務。そこでは、当直時に一晩で10件のお産を担当したことがあり、この記録は未だにやぶられていないという。
「多い時には月に150件のお産を担当しました。殆ど睡眠時間が無く、大変ではありましたが、振り返ってみればいい時間を過ごせたと思います。この経験のおかげで今も現役でやっていけているのだと思います」

その後、父親が経営する産婦人科医院を引き継ぐ為に北海道に戻ることとなる。しかし、過酷な勤務をしたこともあり、体調を崩し一旦仕事をすることが困難な時期があった。
「いつもとは何か違う違和感を体に感じたんです。検査を受けたら大腸ガンでした。すぐに手術を受け治ったと思った矢先に心筋梗塞、脳梗塞に見舞われ、しまいにはガンが肝臓に転移していました。正直わたしの人生もここまでかと思った時もありました。でも、家族や仲間の支えもあり、これではいけない元気になってまた医者をやるんだと意識を奮い立たせました。その甲斐があってか手術は無事に成功し、病気は次第に良くなっていったんです。この時ばかりは生きていることに感謝しましたね」

仕事は常に命がけで取り組む

体調が回復し、現場に戻ってまたバリバリと働けるまでになり、不妊治療などの講演を100回以上行えるまでになった。
「仕事は、大変ですが充実感を得ることがわたしには非常に大事です。仕事を失ったら人生の楽しみが無くなってしまいます。仕事があるからこそ遊びもできるんだと思います。世間では60歳から65歳が定年となっていますが、わたしは80歳まで現役でいたいと思います。新たな出会いもありますし、まだまだお酒も愉しみたいですしね(笑)」

美馬氏は婦人科医療の世界で、トップクラスにいる。長い間この業界を見てきたからこそ、今では自然妊娠を推奨している。

「多くの方は、ストレス、睡眠不足、栄養バランスの悪い食事などの生活習慣の乱れから、細胞を老化させる“サビ”つまり活性酸素が過剰に発生し、妊娠力の低下を招いています。ですから、体に悪いことをやめ体にいいことを続ければいいのです。女性だけではなく男性も見直すことが必要です。今はたくさんの方に自然妊娠の良さを知っていただく活動をしております。これがわたしの目標です」

仕事は常に命がけで取り組む

美馬氏は、大病を患い、自身の命と向き合う時期があったこと、産婦人科医として常に生命の誕生に携わっているからこそ、命の尊さを知り、人に優しくなれるのではないだろうか。また、人生には限りがあることを良く知っているが故に今も尚、好奇心旺盛でチャレンジし続ける姿勢を貫いているのも納得がいく。

美馬レディースクリニック・赤坂

美馬レディースクリニック・赤坂

  • DATA
  • 東京都港区赤坂3丁目13番13号 赤坂中村ビル4F
  • TEL:03-6277-7397 / FAX:03-6277-7398
  • http://www.mima-ladies.com

仕事イズム PROFILE:

美馬 博史

  • 1943年 東京都生まれ
  • 1968年 東京慈恵会医科大学医学部卒業
  • 2013年 美馬レディースクリニック開業